Good things in Vancouver

chilco.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 02日

Les Bourgeois de Calais

b0059607_546987.jpg

フランス最後の日はカレーに泊まった。カレーは寂びれた港町。唯一観たかったのはカレー市庁前にあるロダンの傑作「カレーの市民」。

(以下ウィキペディア要約)百年戦争時、1347年イギリスはカレーの町を包囲した。イギリスは最も有力な6人の市民に城壁の鍵を持たせ、彼らの命と引き換えに包囲を解いて、市民たちの命を助けると要求した。裸足のまま、帽子は被らず、首に縄を巻き、自らの命を投げ出したのがこの彫刻の6人の市民。彼らは処刑されるはずだったが、結局最後にはイギリス女王によって命は救われた。

この彫刻の注文主のカレー市は英雄的な彫刻の作成を依頼しましたが、ロダンはこれを無視し、死を前にした英雄たちの、おそれや苦悩を表現しました。

We stayed at Calais on the last day in France. Calais is a deserted port town. We wanted to see one thing, Rodin’s masterpiece, “The Burghers of Calais”, which was in front of the city hall.

(the following is a quote from Wikipedia) It serves as a monument to an occurrence in 1347 during the Hundred Years War, when Calais was under siege by the English. England offered to spare the city if six influential men, wearing nooses around their necks, would turn over the keys to the city and castle, as well as their lives. Though the burghers expected to be executed, their lives were spared by the intervention of England's Queen.

This sculpure was ordered by Calais city and they asked to make a heroic sculpture. Rodin igonred this request and he expressed the heros’ fear and anguish when they were facing their death.

b0059607_5514392.jpg




b0059607_5515359.jpg




b0059607_552130.jpg




b0059607_5521223.jpg




b0059607_554742.jpg


Salut, France!

[PR]

by chilco | 2005-11-02 06:02 | Travel - France


<< The Rocky Horro...      La campagne >>


以前の記事
最新のトラックバック
どろバン 忘年会
from Pleasant な日々
クリスマスツリー。
from e3ny.com
80's レトロなグラス達
from Pleasant な日々
You Could Ha..
from リ・マイブラ
Memoirs of G..
from Pleasant な日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧